CopulA

谷相友茄

Yuka Taniai

1990年宮崎県生まれ。武蔵野美術大学工芸工業デザイン科にて金工を学ぶ。
2013年、同大学大学院に進学。 在学中からアクリル素材に興味を持ち、金属とアクリルという異なった
素材を扱いアートジュエリー作品を展開。 その技術を活かし、人体の構造美、脈動を表す大型のジュエリー作品を修了制作展にて発表。現在はアクリル染色を用いて “痕跡” や “多層” をテーマにジュエリー作品を発表中。