CopulA

大崎風実

Fumi Osaki

神奈川県横浜市出身。幼少の頃から絵画教室に通い、母と共に陶芸に触れたりと、美術、工芸に広く携わる時期を過ごす。平成24年、東京芸術大学美術学部工芸科に入学。現在4回生。大学では漆芸を専攻し、主に乾漆技法や蒔絵など、伝統的な漆芸技術を中心に学び、動植物や日本の四季から得たインスピレーションを独自の視点で表現。昔から絵を描くことが好きで、現在は銅版画のエッチング、アクアチント技法を用いて絵画制作も行っている。